審査で人気のアコムおまとめローン情報のまとめ

おまとめローンというものはそうそう利用するものではありませんから利用を考えているほとんどの人が、わからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類、メリットやデメリットなどの疑問はおまとめローンを提供している金融機関の「よくある質問コーナー」に回答があります。

おまとめローンを検討するべきか否かなどといった一般的な質問についてはネットで「おまとめローン よくある質問」と検索してみると良いでしょう。

情報サイトなら消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットも記載されていますし金利やサービス内容についても比較しているので金融機関のサイトでは得られない情報がゲットできます。

審査に通るポイントなど、初めておまとめローンを組むという人には有益な情報が多いのでおまとめローンを利用するなら、必ずチェックしておきましょう。

複数の借入れがあってもおまとめローンを使えば1本化できるので月々の返済額を少なくしたり引き落とし日を集約できるメリットがあります。

おまとめローンにも一般のカードローンと同じ審査がありますが通常のカードローンよりも最大利用限度額が低く、最低金利は高い商品が多いです。

実際の貸付金利を銀行と消費者金融で比較jしますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は3.0%から17.5%(アイフルおまとめMAX)となっています。

いずれの金融機関からおまとめローンの融資を受けるにしても月々の返済を減額した場合は、返済期間が長期化することを忘れてはいけません。

返済期間が長くなるということは発生する金利も多くなるので返ってトータルの返済金額は大きくなってしまいます。

おまとめローンとは複数の借金を1つにまとめることで月々の返済額や利息の少なくするというメリットがあります。

しかしながら、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても間違った返済方法を選択してしまうと、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組むことになったとしても元本は減りませんから毎月の返済額を下げたら返済期間は長くなります。

返済期間が延長すればするほど利息も増えますので返済する総額は、おまとめ前より多くなってしまうのです。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型なので追加融資を受けることはできませんが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いので追加融資が可能ですから借入額が増えるリスクも含んでいます。

おまとめローン審査が難関な人は次に審査を受ける前に通らない理由を突き止めましょう。

一般的なローンの審査項目は年収や勤務先、勤続年数、借入先の件数、他社からの借入れ総額、個人信用情報などがありそれぞれの項目で問題がなければ審査落ちの可能性は低いです。

年収が低い人でも借入れ総額との兼ね合いによっては問題がありませんが借入総額が年収の1/3をオーバーしている場合は審査落ちは確実です。

スコアリング審査は安定性や確実性の判断材料となり公務員や大企業の社員なら信頼度が高いので審査に有利になります。

金融業界では多重債務者はマイナスイメージなので他社からの借入件数が5社ある人は審査落ちを免れません。

おまとめローンとは複数の金融業者から借り入れをしている人が既存のローンを一括返済するために、新規の融資を受けるためのローンです。

複数の金融業者から借り入れをしていると返済日が何度もあるので残高の管理が困難です。

利息面でも低い与信額の方が利率が高くて不利になるので複数の借入れを1本化した方が利率を下げられるかもしれません。

しかし、おまとめローン利用者は多重債務者なので審査が不利になったり、厳しくなる事があります。

おまとめローンを提供してる金融業者もありますので専門の商品なら審査に通る確率は高いですね。

銀行では、おまとめローンという名前の商品よりも借り換えローンやフリーローンが一般的かもしれません。

銀行は総量規制がないため銀行の与信枠内に収まる範囲であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付になりますので、返済専用となります。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融のおまとめローンは貸金業の返済だけに限定されています。

銀行の場合、消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能となりますが消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行と比較すると見劣りするのは否めません。

ですが、消費者金融のおまとめローンならば比較的審査に通りやすいですし審査結果や融資までの時間が銀行よりも圧倒的に早いというメリットもあるのです。

おまとめローンの手続きを円滑に進めるために必要となる書類や手続き方法を紹介します。

必ず必要となる書類としては本人確認書類があり主に運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類が必要になります。

借入残高を証明する書類についてはおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融でローンを組む場合、総量規制の例外貸付を適用する事になるため必須となります。

収入証明書はおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上のローンを組む場合に必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など特殊な書類ですのでおまとめローンを検討している方は、早めに用意する手続きをとっておくことをおすすめします。

参考:アコムおまとめローン審査は?借り入れの流れ【総量規制は?】

銀行系消費者金融のアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンがあります。

消費者金融カードローンは年収の1/3を超える融資はできませんが借り換えローンの場合は例外貸付という特別措置が適用されます。

一方的に利用者が有利になることが前提である例外貸付とはおまとめローンの借入れを含めた借入額が年収の1/3をオーバーしてもOKな制度です。

アコムの借換え専用ローンは融資の最高額が300万円ですが、実質年利は7.7%~18.0%と高めの設定になっています。

数社から借り入れているローンを1本化できるおまとめローンを利用すると借入れ総額の管理がしやすくなり、条件によっては金利を下げることも可能です。

おまとめローンは効率的で多くのメリットがありますがデメリットも多くありますから、あらかじめ調べることが大切です。

おまとめローンにも通常のカードローンと同様に審査がありますが希望する借入金額が大きいので、当然、審査は厳しくなります。

毎月の返済額が多すぎるから減らしたいという人は返済が長期化しますから、利息の総額は多くなるのは自覚しておくことです。

毎月の返済額が下がると借金が減ったと勘違いする人もいるようですでに返済が終わった業者から勧誘を受けると、再び借り入れてしまう危険もあります。

おまとめローンという商品は埼玉りそな銀行にはありませんがフリーローンで対応することができます。

最高限度額は300万円と消費者金融と同じですが、金利は低く設定されており銀行カードローンにもかかわらず、最短で翌日融資可能というスピード感も魅力です。

消費者金融ではありませんから総量規制は関係ありませんし、昨年の年収がいくらという条件もありませんから、アルバイトでも申し込むことができます。

満20歳以上で完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入がある日本に在住している人なら申込はできますが過去の返済状況によっては落とされる可能性があります。

限度額が300万円では足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」も提供されており前年の確定申告書などの収入を証明する書類が必要になります。

おまとめローンとは複数の金融機関から借り入れをしている人が借入先を整理するために新規に融資をしてくれる所を見つけてこれまでの借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンはこれまでに借り入れていた金融機関の金利よりも低い金利のローンから借り入れてこれまでの借入金を一括返済して新しいローンで返済していくということになります。

おまとめローンと借り換えローンは金融上の定義づけは異なりますが、厳密に区別されることはないようでおまとめローンという商品名で提供していても、実態は借り換えローンという金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高く、銀行は審査が厳しいと言われていますが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得とは言い切れないのです。

両者の決定的に異なる点は、消費者金融のおまとめローン・借り換えローンは追加融資はできないのに対し銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。

融資金の使い途は消費者金融などの返済に限定されておりクレジットカードのショッピング枠の返済に使う事はできません。

おまとめローンに申し込んだ結果審査に落ちた場合その原因を究明しなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性があります。

おまとめローンの審査項目には年収や勤務先、勤続年数、借入件数などの項目があり、これらの条件全て問題が無いということになれば審査に合格することができます。

年収は多い方が有利になりますが、重要なことは借入総額とのバランスで借入希望額が年収の基準に収まっていれば返済可能と判断してもらえることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと評価が高くフリーターや入社1年未満という人は評価が厳しくなります。

個人信用情報は借り入れや返済状況を照会して審査される項目で過去に自己破産を経験していたり返済の遅延があった人などは厳しく審査されることになります。

複数の金融業者からお金を借りていると借入残高を管理するだけでも一苦労ですね。

あちこちから借入れしている人は借りられる金額が低いために借入件数が増えたのだと思います。

カードローンは借入限度額が高くなるほど金利が低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが効率的です。

反面、多くの金融機関で多重債務者は敬遠されがちですので全ての借入れを返済できる金額を融資してもらうにはハードルが高すぎます。

しかし、おまとめローンは多重債務者が一方的に有利になる借り換えなので前向きに検討することをおすすめします。

おまとめローンなら利子を減らすことができるのが利点というのですが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社より借入れしていることが原因です。

おまとめローンを組むことで利息が減らせるかどうかは申し込む前に金利の計算をして本当に得になるのかきちんと確認しておく必要があります。

おまとめローンのサービスを提供している金融機関ではホームページ上で返済シミュレーションが行えるようになっています。

現在、借入している金融機関の金利や借入額を入力するだけでおまとめローンを組んだ後の毎月の返済額などが瞬時に表示されますので、比較も簡単です。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションで正確な金利計算をすることが大切です。

おまとめローンは多重債務者のための商品ですが借入件数が多すぎる審査に通らないことがあります。

借入件数が5社になるとほとんどアウトですが審査落ち確実な人でも通る策が無いかを考えてみましょう。

第一に行うべきことは、これまでの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。

完済できる借金があれば整理したほうが有利になりますから与信限度枠をしっかり計算して返済できるローンを完済してしまいましょう。

借入件数よりも遅延や延滞が重要視されますから、事故歴がなければ返済能力に問題ないとみなされ、審査通過の可能性がでてきます。